ネットワークビジネスしている【友達の愚痴】

604642.jpg

下着を売る友達がね・・・。

前はまぁ友達だからと買ってたりしていたんだけど。

そのうちその友達がどうにもこうにも厚かましくなってきて。

それに教育費が財政を圧迫するようになったし。

それでフェイドアウトしたんだけど。そのフェイドアウトの空気を全く察しない友達。


友達と言っても、今となってはもうその下着を買うだけのつながり。

私は言ったのよ。


「ネットワークビジネスするなら自分で開拓した方がいいと思いますよ。地域のイベントの実行委員をやめちゃったけど、またやればいいし、PTAのコーラスもOBとしてまた入ればいいんじゃないですか?」(私もOBとして5〜6年間続けた)


と。

でも


「う〜ん、無理」


の一言。

もう地域でもな〜んにもつながりがなくて、言ってしまったらこのまま縁を切っても全く差し支えない友達。

もう友達というより知りあいのレベルに下がったような気までする。

だって、もうネットワークビジネス以外の付き合いは全くないから。



前から少しずつ嫌気がさしていたのよね。だって、自宅を展示会場にして呼んでくれるのはいいけど、アンケートと称して「友達を紹介して」と言ってくるし、ビジネス仲間と開いた化粧品の体験会でも


「友達を紹介してくれるまで帰さないわよ(笑)」


と言ってくる人がいて、もうホンマに言うたろか!と思うほどだった。

その体験会に行かなければいいんだけどどうしても来てくれと頼まれたのよ。そこが私のあかんとこ(苦笑)。

その1回きりで後はかたくなに断ったからもう言ってこなくなったけど。


私が決定的に嫌になったのが、海外旅行に行く前後の出来事。

南米に住む義弟が結婚するのでお祝いするために準備を忙しくしている時に来て、


「ネット会員の登録してくれない?それで良いお茶があるんだけど、手持ちがなくなったからネットで買って欲しいのよ」


と来た。


「ごめんなさい。今旅行の準備で大変なので」


とやんわり断った。

でも少し前に注文していたものがあり、旅行から帰ると早速LINEが。


「入荷したのでお持ちしますが、いつ伺いましょう?」


と。


「すみません、時差ボケでちょっと体がしんどいので来週にしてもらえますか?」


と返事すると、その週の土曜日には


「お体の調子いかがですか?月曜日の午前中持っていこうと思うけど、どうですか?」


・・・・。連絡自体を来週にして欲しかった😖😵こっちは激しい時差ボケで本当に体が辛かったのに、来週にしてくれと言ったら月曜日には持ってこようとするんだ・・・。

そして


「その後、お体どう?」


とひとこと言った後、私の返事を聞くこともせず、また例のお茶を勧めてきた。


『マジか・・・』


と思ってしまった。

よくよく考えたら地域的なつながりも、友達的なつながりももうないし、義理堅く買う必要もないのよ。

それでしばらく敬遠していたんだけど。


久々にばったり会うと、下着売る仕事はセーブして、事務の仕事を始めたと聞いた。それが私がコンビニでバイトを始めた頃。

それでしつこく言ってこなくなったんだなぁと思っていたら。


またLINEが。


「事務の仕事は辞めました。下着の仕事はあのまま少なめで新しいことを始めたので、またご案内させてください」




もういいわ〜!!買わねぇ!!



2018年02月23日のつぶやき