ひとこと言わせて【同居の愚痴】

前も言われたことがあるけど、私が風呂から上がって来たら脱衣所のドアを無神経に開けて来た婆さん。

「あら〜、暑いわねぇ〜。このドア開けとこうか?爺さんが(私の裸を)見てもなんとも思わんよ」


出た!2回目のこの発言。1回目はあまりにも驚きすぎて何も言えなかったけど、今回は前からシミュレーションしてたから。


「お義父さんがどう思おうと私には関係ありません!私が嫌なんです!あくまで自分ら中心の考え方、おかしいから!」

婆さん苦笑して出て行った。


それと、何度も言ってるのに爺はトイレの電気もつけなければドアも閉めない!トイレの電気をつけた途端に考える人ポーズの爺にスポットライトが当たったかのようになり、びっくり。

電気つけた途端にズボンを慌ててあげる姿も見せられたことあるし。もう見たくねぇ!

こういう時は慌ててまた電気消すけど、ほんまにやめてほしい。暗いまま用を足されると便座が汚れてそうでほんまに気持ち悪いし!

それと!思い出した。もう何ヶ月も前に爺と婆さんで勝手にお風呂の窓に目隠し設置して(そんな金あったら教育費出してくれ〜!)もう絶対覗かれない仕様になってるのに婆さん風呂入ったら窓閉めるのよ!
bathwindow.jpg
これ、絶対外から覗けないし!

換気扇が壊れて、それを直してくれないから(爺が「目隠しつけたから換気扇は直さなくてええじゃろ」と)窓は常時開けとくことになってるのに、婆さんは閉める。閉めたままにする!蒸し蒸しするし、カビの心配もあるし、ほんまに迷惑!

あんたの裸こそ、誰が覗いたってなんとも思わんし!

ていうか、もう覗けないようにしてあるのに、自意識過剰やねん!






iPhoneで使える翻訳アプリ

スピードラーニングを始めたけど、あれって聴くだけ・・・なわけないわぁ(笑)。

車で聞こうと思ってCD入れたらもうラジオドラマみたいな感じで日本語しか入ってこず。簡単な英語は聞き取れるけど、『ん?なんて言った?』と思う単語は覚えられない。テキストを見ながらじゃないとダメで、車で運転しながらとか、歩きながら、とかはまず無理ではないかと思った。

それに毎月次々送られて来てほんま嫌になっちゃって、16巻ぐらいからはまだビニールも破ってない(笑)。これいつまで続くの?と思って問い合わせたらもうそろそろとか。現在26巻まで。

ながらラーニングとは行かないみたい。


だからとというわけではないですが、おすすめの翻訳アプリです。
Google翻訳アプリです。
googlehonyaku.jpg

これ、キーボードで打つだけでなく、手書きでも音声でも入力できます。

スピードラーニングのCDをかけてアプリに聞かせると、結構これが使えます(笑)。


googlehonyaku01.jpg
赤い丸に囲まれたペンのアイコンで入力します。黄緑のマイクのアイコンは音声入力です。

スペースの中にある「タップしてテキストを入力」をタップするとキーボード入力です。

ここでは手書きを説明するので赤い丸で囲まれたペンをタップします。

googlehonyaku02.jpg
googlehonyaku03.jpg
指先で書けます。書いたら自動で上の欄に飛びます。


googlehonyaku04.jpg
こんな感じです。

googlehonyaku05.jpg
マイクのアイコンをタップするとこのような画面になります。

マイクが赤い時に話すと両方の言語が認識されます。

この状態でうまくCDから英語を流すと認識され、翻訳されました。ただ、英語の中の日本人の名前は誤認されました(笑)。

googlehonyaku06.jpg
このアプリは英語だけでなく、かなりの言語を網羅しています。

ポルトガル語でも使ってみました。結構使えます。





続きを読む


posted by おばちゃん at 11:00Comment(0)iphone

2017年08月30日のつぶやき