友達の家に泊まる?iPhoneの位置情報

我が子が、特に女の子が友達の家に泊まると言った時、どうしてますか?

今21歳の娘が高校生の時の話をします。

娘の友達が泊まりに来たことがありました。
でもどの家庭も電話一本もかけてこないのです。

この意味、わかりますか?
『泊まりに来るのに礼儀もわきまえず!』と怒っているのではありません。
「友達の家に泊まる」→「相手の家に電話一本もかけない」→「好き放題」
となるのです。
実際、娘の友達は「友達の家に泊まる」と言っては男の子と好き放題。
お祭りの時も浴衣で出かけた娘が程なく「お母さん来て」と電話してきました。え?高校生にもなって母とお祭り?と思いながら行くと(お祭りには行きたかった笑)、一緒にいた友達がいない。娘に聞くと、

「彼が来て、お泊まり会場に行かれました」と苦笑。ええ?明日学校あるのに?と驚くと「ハイ、お泊まり会場からご登校されます(笑)」と( ☉д⊙) 

我が家は娘が友達の家に泊まりに行くと聞くと、必ず相手の家に電話していました。そしてiPhoneの位置情報を明け方までオンが条件。
その方法がこちらです。

IMG_1342.JPG
まず、子どものiPhoneのiMessageのアプリから母親を選択します。
子どものiPhoneで設定することをお間違いなく。



IMG_1343.JPG
右上の丸にiをタップします。



IMG_1344.JPG
「位置情報を共有」→「明け方まで」

これでiMessageアプリから丸にiのマークをタップすると、子どもの位置情報がわかります。

高校生になったら24時間監視はしないので、泊まりに行くと言った時にはこの設定をさせていました。

子どもはどこまでが許されるのか、切り崩そうとしてきます。「ここまでならいいかな?あ、もう少しここまでならイケるかも・・・」と。

もちろん、すべての子どもに当てはまることではありません。

うちの娘はそうでした。そしてどこかでしっかり手綱を締めないと放置している家庭の子ども達となんら変わらない事になってしまうのでは・・・という危惧がありました。

最後の最後、根っこのところでは娘を信じていましたが、でも100%信用はしていませんでした。子どもって、自分の都合のいいことしか言わないし、自分を守るためなら嘘もつく。実際そういうことが何度もありました。娘は嘘をつけないタイプだったので8〜9割はバレていましたから。

「うちの子に限って」というのは神話でしかない。私はそう思っています。真面目に育った私ですらです(笑)。

今は中学生でもスマホを持たせる家庭が多いでしょう。

中学生に持たせるなら、iCloudの設定は親が握り、「iPhoneを探す」アプリで位置情報を把握しておくのがいいと思います。

でも、親がネットストーカーにならないよう、節度を持ってください。一歩間違えれば「毒親」になりかねないという意識を持つことも大切です。

ちなみに娘はもう21歳。町内で一人暮らしを始めましたが、もう自己責任でやってもらいます。ただ、でき婚は許さないと言っています。授かり婚?いやいや、順番守れって。





この記事へのトラックバック