Macの写真アプリでスライドショーをつくろう!

iPhoneの写真アプリではなく、Macのパソコンの写真アプリでスライドショーを作ります。子どもひとりひとりのスライドショーを作ってパソコンで楽しんでもいいし、DVDに焼いておじいちゃんおばあちゃんに送っても喜ばれそうです。

私は子どもの部活のスライドショーを部員一人一人作りました。試合の写真を撮ったら、帰ってすぐにメンバーの名前をつけていたのでスライドショーを作るときは簡単な作業ですみました。
DVDだと、容量が許す限りいくつかの短編スライドショー、ムービーが入れられるのでいいと思います。。

sha0000.jpg
パソコンの写真アプリを開いてください。「ピープル」をクリックします。


 sha000.jpg
あらかじめ大体振り分けられています。家族じゃない人も(笑)。そんな人たちは非表示にしました。

まだちゃんと顔認識されていない人もいるので「人を追加」をクリックして、追加してもいいです。
その場合、別人格に振り分けられますので、「command+クリック」で同じ人を選択し、「二人を結合」してください。



sha008.jpg


一人選んでスライドショーを作る作業に入ります。「▶︎」から「テーマ」を選びます。写真の出方を選択します。
このテーマにはあらかじめ音楽がついていますがそこは気にせず写真の出方を選んでください。


  sha002.jpg
次に音楽を選びます。「ミュージック」をクリックしてください。ここで気をつけて欲しいのはiTunesの音楽は著作権で守られていますのであくまで個人で楽しむ範囲にとどめてください。YouTubeなどにアップしてはいけません。逆に著作権法にふれるようなところに出す場合は著作権フリーの曲をあらかじめダウンロードしておくか、テーマの音楽のままがよいでしょう。

「スライドショー」で確認できますので一応確認してください。

sha004.jpg
次にもうファイルに書き込みしてしまいます。「+」をクリックしてスライドショーを選択してください。


sha009.jpg

「OK」をクリックします。

sha005.jpg
「フォーマット」を洗濯してください。画像は「720p」にしていますが、1080pの方が多分画質がいいと思います。

sha006.jpg
スライドショーのファイルができました。
これをToastDVDで焼くとテレビでも見られるスライドショーが出来上がります。

ちなみに個人の写真を全てスライドショーにしましたが、何枚か選ぶ場合は、個人の写真を「command+クリック」で選んでいくとよいです。

にほんブログ村 PC家電ブログ Macへ
にほんブログ村


Macintoshランキング


この記事へのトラックバック