iPhoneのiMovieでもムービー・スライドショーを作ろう!

Twitterでも出している30〜40秒のブログ紹介動画、iPhoneのiMovieで作っています。

iPhoneのiMovieアプリでも簡単に、直感的な操作でムービーやスライドショーを作ることができます。
カメラロールに入っている膨大な写真をある程度整理してスライドショーを作ってはどうでしょう?
旅の写真や子どもの成長記録をいろんな人と共有することができます。

私はまだやっていませんが、大きなフィルサイズにも書き出せるのでiPhoneのiMovieからDVDも焼けそうです。

iMovieを起動


imovie01.jpg
iMovieをタップして起動させましょう。インストールしていない人は APP STOREで!


imovie02.jpg
起動すると「プロジェクト」の画面になっているので「プロジェクトを作成する」をタップします。


imovie03.jpg
予告編も楽しいので作ってみるといいですが、今回の説明は「ムービー」で。


imovie05.jpg
写真を選択します。左上の「メディア」をタップすると、「ビデオ」「写真」「アルバム」も選択できます。
写真を選択したら下の「ムービーを作成」をタップしてください。

imovie06.jpg
こんな画面になります。ムービーの最後になるので横にスクロールして最初の画像に戻ってください。

ムービーの編集

imovie08.jpg

こんな画面になります。下の赤四角で囲まれたタイムラインの写真をタップすると上の赤四角で囲まれた「Ken Burns」設定が出てきます。
「ピンチで開始位置を設定」をタップし、写真を指で動かして表示位置を決めます。
次にその下の「ピンチで終了位置を設定」のアイコンをタップして、再度写真を指で動かして終わりの写真の表示位置を決めます。
じわ〜っと動く設定ですが、動かさない時は「Ken Burnsをオン」をタップしてKen Burnsをオフにしてください。

そうやって全ての写真を調整していきます。
テーマの選択
テーマはもちろん「なし」でもいいです。でもテーマを選ぶと、旅行記風になったり、ニュース風になったり楽しくもできます。

 imovie000.jpg
テーマを選ぶにはどこも選択していない状態で出ている右下のアイコンをタップしてください。


imovie07.jpg
上段は写真のエフェクト(全ての写真が一気にそのエフェクトになります)、下段はテーマの選択です。音楽をオンにするとテーマの音楽が流れます。


テーマ曲だけでなく、タイムラインの左上(スマホの画面で言うと左側の真ん中)にある「➕」から「オーディオ」でも音楽やサウンドエフェクトも選ぶことができます。この場合、著作権にくれぐれも気をつけてください。


音楽の編集

テーマ曲だけでなくいろんな曲をのせる場合、ムービーの長さと音楽の長さを合わせるのはなかなか時間がかかるし面倒だと思います。もうサクッと作る場合、ムービーの最後はフェードあうとするといいでしょう。


imovie121.jpg
①まず、タイムラインの音楽の部分をタップします。タップする前はもっと細い緑の線です。タップすると画像のように太くなり、黄色い線で囲まれます。

②音楽のアイコンをタップします。

③そうすると「フェード」が出てくるので「フェード」をタップしてください。

④上の画像には出ていませんが、音楽の終わりに▼のマークがでてきます。これを操作してフェードアウト設定をします。


imovie13.jpg

▼をぐぐっと左にひっぱってください。音を聞きながら調整すればいいですが、フェードアウトなのでちょっと長めに引っ張った方が自然に小さくなっていくと私は感じています。

imovie14.jpg
フェードアウトできました。この画像はちょっと短めですね。


imovie15.jpg
今回の説明は最低限の機能で、動画をカットしたりスローにしたり早送りにしたり、音楽も途中でカットして音を上げたり下げたりもできます。

結局右上の?マークのヘルプをタップすると、結構詳しく説明してくれるので気軽に扱えることができます。
本当に直感的な操作が可能なのです。

カメラロールに入っている画像を整理したり思い出作りなどやってみると意外と楽しいですよ。


iPhoneランキング

にほんブログ村 スマホ・携帯ブログへ
にほんブログ村

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック