クロネコヤマト公式アプリ

 kuroneko.jpg

クロネコヤマト公式アプリ - YAMATO TRANSPORT CO., LTD.、使ってますか?その前にクロネコメンバーズに入っていますか?

京都に住む息子や実家に荷物を送る時、アプリは大変役に立っています。送り状はもう手書きではなく、アプリで送り状を作成し、営業所で二次元コードをかざすだけで送り状が印字されます。


kuroneko01.jpg
もちろん荷物の問い合わせもできますが、送り状の作成方法を説明します。「送り状作成」をタップします。


kuroneko02.jpg
本当は説明するまでもなく、指示どうりにすれば簡単です。まぁ、こんな感じでできますということで(笑)。「新規作成」をタップします。同じ住所に配送する場合、2回目からは「送り状発行・履歴参照」から簡単に作成できます。


kuroneko03.jpg
荷物の種類を選びます。海外旅行の時、成田空港にスーツケースを送るのもアプリで作成し、取りにきてもらいました(この時は営業所には配送伝票の印刷だけしてきました)。


kuroneko04.jpg
「依頼主」にはあらかじめ登録していた自分の名前と住所が出ているので送り先と品名、発送予定日・お届け希望日と時間を打ち込めばいいのです。ここで便利なのが赤い四角で囲まれた「お届け予定/お届け完了eメール」ここに送り先のメールを登録すると、相手に荷物が届くお知らせが行き、自分で到着時間を変更することもできます。ここで情報を打ち込んだら右上の「確認する」をタップします。


kuroneko05.jpg
するとこんな画面になるので、営業所に行って「二次元コードを表示」をタップします。二次元コードの表示は一定時間だけ有効なので(有効時間が過ぎてもまた再表示はできます)営業所に行ってからタップするといいでしょう。


kuroneko06.jpg
この画面をクロネコヤマトの営業所にあるネコピットにかざします。


ネコピットの画面に出ている「クロネコメンバーズの方」を選択→「二次元コード」を選択し、アプリの二次元コードをかざします。

自分宛の荷物が届く場合もアプリから通知がくるのでとても便利です。使ってみてください。

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック