iPhone6から7に機種変して友達がグダグダ

ウォーキング友達が数日前にiPhone6から7に機種変してデータが移行できず困っていると言うので、したげよか?と。でもその友達は子ども達に頼んでいるので今日まで待つと。娘に頼んでいるのになかなかやってくれないそう。じゃあ!ってことでウォーキング後、私は整骨院へ。腰と肩に電気を当ててる時にハッと思い出してLINEで「LINEトークのバックアップ取っといた方がいいよ。『設定』→『トーク・通話』→『トークのバックアップ』よ!」とスクショと一緒に送ったら程なく返事が。


 lineaka.jpg

なんかわけわかならないことになったらしい。送られてくるメッセージも理解できない。

とりあえず、私の「トークのバックアップは取っといた方がいいよ」というアドバイスは遅かった。


整骨院が終わって帰りに彼女の家に行くともう困り果てた様子。いつもはスーパーウーマンそのものの彼女が面白いほど困り果ててビビりまくっていた(笑)。もう爆笑。ちょっとホッとしちゃった(笑)。

そして私が行くまでに高校生の娘ちゃんが2〜3回初期化した模様。

そのせいかiPhone7のLINEトーク履歴は「Letter Sealing メッセージが復号されていない可能性があるため表示できません」というエラーメッセージが。

↑上の写真の画面はiPhone6の方のもので、ここからどうにも怖くてさわれないと。とりあえずキャンセル。

娘ちゃんは「もうショップに持って行って」と匙を投げた状態だった。


いやいや、ショップに持って行ってもやってくれない可能性大よ?友達が間違って初期化してしまった時に(詳しくもないのにどうやって初期化したのか不思議だけど)ショップに持って行ってもアドレス帳は復元できないと返され、藁をもすがる気持ちで私のところに来たもの。この時のキャリアは同じ会社。結局ガラケーからiPhoneに機種変してから1年半過ぎてもアドレス帳はiPhoneにした時のものには復元できたんだけど。


対処方法


結局iPhone6のiCloudバックアップを見ると「オン」になっていて、最終バックアップが4月2日になっていた。
iPhone6のLINEで再度ログイン→エラーメッセージの後に届いたメッセージがあったのでトークのバックアップを取った。

そして新しいiPhone7を初期化し、iCloudから復元。
今回、WindowsパソコンのiTunesでちゃんとバックアップが取ってあるかわからなかったので繋げず、iCloudから復元させた。

エラーメッセージだったトーク履歴は初期化を繰り返した時間だけはエラーメッセージのままだったけど、他は元に戻っていた。

友達が5から6にした時にiCloudのバックアップをオンにしといた方がいいよとアドバイスしていたのがよかった。

これで6はめでたく下取りプログラム行き。


iPhone機種変のトラブルの原因

ダンナの時もそうだけど、今回のトラブルの原因は店頭受け取りで、キャリアの店員さんが、使用料の何かを割引する代わりにこのアプリを入れろと言ってiPhoneを起動させてしまうのが原因だと思う!

ダンナの時もそうで、課金アプリを4つほど入れられ、3ヶ月は解約するなと。その一つは故障時の修理代を補償してくれるというものだけど、そんなのAppleCareとかスマートパスだと必要ないし、電話で解約しないとダメでほんと無駄。

しかも前のiPhoneから復元させようとするともう一度初期化しなければならず(他に方法ある?)、オールリセットしてからiCloudかiTunesに繋げて復元という手間がかかる。

私の機種変はWEB注文→自宅配送だったのでこういう手間はなかった。下取りプログラムの配送キットを発注・配送という手間はあったけど。

まぁ、割引が得なのかわからないけど、課金アプリを解約し忘れていたらそれはそれで無駄だし。

私はやっぱり次もWEB注文・自宅配送かなぁ。ちなみに友達からはiPhone芸人がじがやだ!と言われました(笑)。




この記事へのコメント


この記事へのトラックバック