荒れ狂うよ、ほんまに

さっきダンナが「お前今日、ビアガーデン行くんやろ?今日雨降るかも知れないからな」というので、ダンナの母親ばりに「それで?」と言ってやったらムッとして「そういうことよ!」と。

もうまだイライラが止まらない状態だったので

「そんな心配いらんねん!もっと別のところを心配して!ほんま、そんな心配はいらんわ!」と黙らせました。雨降るかもわからないからなに?そんなの自分で天気調べたらわかるし!それよりあんたのお母さんの嫌味をなんとかしてくれ!

Twitterでも散々愚痴りましたが。

もうほんまになんなん、あれ。「あんたがいない間に台所の床拭いたら真っ黒だったわ。あんた、濡れた紙で拭いてたでしょう?棒雑巾みたいなので」

まぁ、だいたい何が言いたいのか25年も一緒に住めばわかるけど。ここは1つすっとぼけてやった。

「はぁ?紙みたいなのってなんですか?」

「濡れた紙よ、棒雑巾みたいな。紙の四隅を抑えて装着してるじゃない」

(いやいや、濡れた紙=ウエットシートと棒雑巾は全然モノが違うだろ!)

「はぁ?私は紙で床を拭いたことはありません。雑巾です。雑巾をモップに付けて拭いてます」

「あぁ、紙じゃないの、雑巾だったの」

それで部屋に入って行ったけど、多分「紙だから汚れが落ちないんじゃないの?」と言うつもりだったと思う。

私が床拭きのときに雑巾絞ってるの見てますよね?絞る音も聞いてるし。それを紙って何?バカですか?

私が使っているのはコレ。
ちゃっかり宣伝するけど。これ10年以上使ってます。雑巾を装着して使うもので、床面に当たる部分はいくつものスクレイパーがついているのでしっかり床を拭くことができるのです(フローリングの溝はだめだけど)。1年前まではしゃがんで拭いていたけど、腰も膝も悪くして、今はモップを使ってスイスイ拭くようにした。

私は米のとぎ汁でフローリングは拭いてるし(とぎ汁の界面活性剤で艶がでる)。

で、義母が真っ黒だったと言ったからどんなに綺麗に拭き上げてくれたのか見たけど、ぜんぜん。
私も潔癖症ではないので毎回新品同様な床にまで拭かないし、ちょっと隅を拭いてみたら普通に汚れがつく。

だいたい、近年床拭きなんかしたことがない婆さんが結構広い台所を拭くはずがない!

もう、何かしら嫌味が言いたい婆さんにイライライマックス。そいつを今からデパートに連れて行って、今日の年寄りの晩飯代出してやらないといけないという、本当に理不尽な状況。

もう老害は消えて!

にほんブログ村 家族ブログ 舅・姑・小姑へ
にほんブログ村

三世代同居ランキング

この記事へのコメント


この記事へのトラックバック