iPhoneのiMessageアプリで位置情報を共有する方法

友達の家に泊まる?iPhoneの位置情報 でも解説していますが、カテゴリが「子育て」だったので改めて再度投稿したいと思います。

これは中学生、高校生にiPhoneを持たせた時にも活用できますが、いろんな使い方ができると思います。

デフォルトで入ってた(私は使わないので削除しました)「友達をさがす」アプリを使わなくても許可さえすれば(もらえれば)位置情報がわかる方法です。

子どもを迎えに行く時にも使えるし、iPhone同士の友達との待ち合わせにも使えるし、夫婦間でも使えます(浮気防止とかはわからないけど笑)。ちなみにうちのダンナとは位置情報を共有していません。

でも「iPhoneを探す」アプリでは位置情報を共有していなくても設定で「ファミリー共有」しているので「サウンドを再生」は使えます。ロックもかけられるし、なんならデータを消去することも(笑)。しませんけど。「サウンドを再生」は緊急時に使います。朝起きない時に電話かけても起きなければ、最後はこの手(笑)。仕事で緊急の時もこの手を使います。マナーモードにしたままでスマホ全然見ない人だし。

まぁ、使い方はその人次第です。

位置情報を共有するには「iMessage」アプリを使います。

ichijouhou00.jpg
位置情報を共有する人を選びます。

ichijouhou01.jpg
選んだら右上の丸に囲まれた「i」のアイコンをタップします。

ichijouhou02.jpg
すると上の画像のような画面が出て来ます。「位置情報を共有」をタップしてください。

ちなみにここで「位置情報を共有」の上の「現在地を送信」すると相手に自分の位置情報が単発で送ることができます。

ichijouhou04.jpg
こんな感じになります。この機能は「現在地を送信」した時だけです。

それで話を戻しますが、「現在地を共有」をタップすると


ichijouhou03.jpg
時間指定が出て来ます。許可する時間を選んでタップしてください。位置情報を許可すると相手に許可したことが通知されます。

自分のiMessageにももちろん来ます。

iti.jpg
こんな感じです。

終了するとそれも相手に通知されます。

せっかくの機能なので使える場面があったら大いに活躍させてください。






この記事へのコメント