【同居の愚痴】同居する姑達の心理。


25年間も同居してきてわかったことがある。

更に同居嫁仲間のTwitterを読んで確信した。

同居嫁は、結婚と同時に同居した人、途中から同居を始めた人それぞれだけど、同居を始める頃に「良い嫁」になろうと思った人は少なくないと思う。



そもそも「良い嫁」とは?

一言で言ってしまえば、義両親にとって都合のいい存在。家事をちゃんとこなす。義両親に監視されても管理されても文句を言わない。義両親を立てる。義両親の言うことをきちんと守る。


でも姑は、結局「良い嫁」なんて求めてない。求めてないことにも気付いてないだろうけど、「良い嫁」なんてなってもらったら困るのよ。

なんでかって?

そりゃあ、自分より何でもかんでもテキパキできたら面白くはないでしょう?

言われたことはないですか?


「そんなことも知らないの?」「そんなこともできないの?」「なに?その切り方(ゆで方)!!ははははは」

「あんたが拭き掃除したところを拭いてみたけど、真っ黒だったわよ」


偉そうに言いたいの。偉そうにしたいの。何より嫁にほんの少しでも偉そうにされることが耐えられないから。だから大して真っ黒でもないのにことさら大げさな表現で嫌味を言ってくる。

大体、姑の嫌味は8〜9割り増しの表現。

私の親戚の同居していた義姉は、朝4時から起きて家中をきれいに掃除していた。いつ行ってもモデルルーム並のきれいさ。料理も上手で、家事の全てを完璧にこなし、その上に家業もちゃんとしていた。なのに、私とは血のつながりのある方の大叔母は凄まじいほどの嫁いびりをしていたらしい。

義姉は偉そうにする人ではない。人間的にもできた人。それでも嫁いびりにあうのよ。

「良い嫁」になったらなったで、それは結局ものすごく「鼻持ちならない嫁」になるわけ。




嫁の行動が逐一気になる姑

同居嫁なら言われたことがあるフレーズ。


「どこに行くの?」「何時に帰るの?」「どこに行ってたの?」「何してるの?」


嫁を監視したい、管理したい。やつらは嫁は自分たちの家政婦ぐらいにしか思ってはいない。

だから嫁の行動が逐一気になる。

夜、こっそりコンビニに行ったり、整骨院に行ったりしてこっそり帰ってくると


「2階に行ってたの?」


と少しの間リビングにいないだけで聞いてくる(ウザっ!)。

嫁宛てに届いたはがき・年賀状を先に読むのは当たり前(検閲か!)。

時にはデパートの紙袋をまさぐって勝手に見ることも!

私らがいない時に勝手に部屋に入ってる節もある(下衆の極み婆)。


結局ね、姑は嫁が嫌いなのよ。


自分の息子が連れてきた女が気に入らないの。

まぁ、私の場合は寺の出身じゃなく、一般家庭から来たからというのもあると思うけど。

世の同居姑どもよ、聞け。

あんたらが元気なうちは強気に出ればいい。嫌味も言えばいいし、バカにして笑ってもいいよ。せいぜい意地悪するといい。

だけど、年取って体が動かなくなってきた時、幸せに一生を終えられると思うな。

仕返しじゃないんだよ。もう無理なわけ。因果応報。意地悪な姑はさっさと施設に放り込まれて大して面会にも来てもらえない、そんな寂しい最後を迎えるがいい!!


私は息子が選んだ、好きになった嫁さんには意地悪はしない。したくない。少なくとも私が受けた嫌味、バカ扱い、意地悪はしないよ。

そして息子には嫁の味方であって欲しい。私みたいな苦労はしなくていい。





この記事へのコメント