【同居の愚痴】とうとう心療内科に受診した件

ブログは久しぶり・・・。

精神的にかなり参ってたので。

それで先月の終わりに心療内科に予約をした。ネットで口コミがわりと良かったクリニックに。

初診は予約で、9月の終わりに電話したのに、予約が取れたのは10月10日。

そんなに?そんなに患者さん多いの?



9月の終わりに心療内科の予約を取ったのは、もう私が精神的に破綻したから。

破綻した・・・というか、もう何度も破綻してるんだけど。

それで婆とどう付き合えばいいのかわからなくなって。わたし的にはもう話もしたくないし、姿も見たくない。

婆が引き戸を普通に閉める音でさえ、モーレツなストレスになり、爆発的にイライラする状態になっていた。


そんな中、ダンナが京都に仕事で1泊で出かけた。

まさか婆に一言も私のことを言わずに出るとは・・・。

普通なら


「あいつには構うな」


と言ってくれてもいいと思うけど。


結局何も言ってくれなかった。

で、コレ

私、性格悪くなかったのよ、ホント。

で、10日。早朝のバイトが終わってクリニックに行きました。


ハッキリ言って、初診予約ってなに?特別感全くなかったし、なんなら予約したのに1時間待たされたわ!!

そしてやっと私の番が来たけど・・・。

こういう時って、プライベートなことを根掘り葉掘り聞いてくるのね。家族構成を。

で、予約したのに結局私の話(婆から受けたモラハラ、パワハラ)を


「理不尽ってことですね」


の一言で片付けられた気がしたし、先生に聞かれたことに答えていたけど


「そのあと・・・」


と言おうとしたら


「もういいです」


とバッサリ一言言われて、すご〜く嫌な気がした。


え?「もういいです」まだ信頼関係も築けてないのに、イラッとした言い方で「もういいです」って!

もうがっかりきたというか、その時点で二度とこのクリニックには受診しないと思った。


そして、薬は弱いらしい薬が1週間分。

結局、自分のことは自分で解決していくしかないってこと?と思った。

心療内科の先生であっても所詮、初めてあった赤の他人。

そう思うと、クリニックに行くのもばかばかしくて。薬はお守りみたいに持っておこうかと。


すると帰って婆とも少しは話せるようになった。

ただ、絶対に気は許さないけど。





この記事へのコメント