【コンビニバイト212回目】とほほ・・・な優雅さん その3



↑の続き


次のシフトの朝。

早朝行くと、店内はひっくり返っていた。

でも早朝には早朝の仕事があるので、中華まんを蒸し器に入れたり、おでん・フライヤーの仕込みをしたり。

他にもタバコの補充やお箸・お手ふきなどの補充もあるし。


私はおでんの具材を取りにウォークに行き、バックヤードから出てくると


「全然手伝わないのね!」


と私の方は見ずに品出しの棚を見ながら優雅さんが言った。


これ、副店長も言われたことがあるらしい。副店長はスルーしたと言ってたが、私はもう黙ってはいない。

大体「手伝って」とも言われたことないし、手伝ってもらって当たり前という態度がもう無理!



「え?優雅さん、高い時給もらってんでしょう?ちゃんとしてください!なんで時給の高い深夜の仕事を時給の安い早朝の私が手伝わないといけないんですか?早朝の私らの仕事も手伝ってくれたこともないのに、ようそんなこと言いますね!言っときますけど、私は売られたケンカは買う女ですからね!経験者さんを辞めさせたのも私ですよ?少しは感謝して欲しいですわ!」


優雅さんはそのあまりの優雅な仕事ぶりに早朝来ていた経験者さんにガンガンに責められていたらしい。主に商品の並べ方が違うことだったみたいだけど。

そのあまりの剣幕に経験者さんが怖くて、出勤してくる前に仕事放り投げて帰ったこともあるとか😵⤵⤵⤵


で、私がキレたことで優雅さんはもちろん黙って品出し。なんかグチグチ小声で言ってたけど(苦笑)。


相方の深夜さんによると


「もうやだ〜!6時に帰れなかったら私、嫌だ〜!」


と言っていたそう。

だったらちゃんと仕事すればいいのよ。こないだも優雅さんが品出ししたゼリー、違う種類なのに縦に重ねて出してたから!


後からフェイスアップするときに奥から違うゼリーが出てきてびっくり!私は経験者さんみたいにガンガンに注意せずに黙って並べ直すけどね。


とにかく優雅さんは他の深夜さん達から


「一緒に仕事したくない」


と言われている。




この記事へのコメント