【同居の愚痴】もう2人とも消えて欲しい。

なんやかんや言って、京都にいる方が確実に自由で、iPhoneの歩数計の伸びも全然違った。

帰ってきたら歩かないわ〜。京都にいる時は1万歩軽く超える日がザラだったのに。

散々遊びに行ってたもんなぁ。清水寺から八坂神社まで歩いたり、地下鉄四条から祇園まで歩いたり。

伏見稲荷も上まで歩いたし(その次の1周40分コースは日が落ちかけていたから断念した)。


で、昨日。洗濯したものの中から確実に婆のタオルが出てきた。

もちろん干して乾かしたよ。

婆は私たちのタオルが混ざってたら、なかなか乾かないところに嫌みったらしく干してたけどね。私はそんなことはしない。


で、乾いてから


「これ、洗濯機に入ってたんですけど、お義母さんのですよね?」


と言ったら


「知らんよ〜。私のじゃないよ。あんたのじゃないの?」


と言ってきた。はい、想定内。私らのものと洗ったタオルは使いたくないってか?!毎回これやし。

もう雑巾にするし!


「そうですか。わかりました。気持ちが悪いから雑巾にします」


「ちょっと待って。ヒデのじゃないの?」


「いや、ヒデさん個人のタオルなんてありませんから。ヒデさんが使ってるタオルは私もちゃんとわかってます」


「聞いてみた?聞いてみんさいや」


「いや、別にいいです。雑巾にしますから」


と言って、タオルはもう倉庫に投げた。するとダンナが帰ってくると


「ねぇ、あのタオルどこ?ちょっと聞いてみるから」


いや、どうでもよくない?!なんのこだわり?しかもクレージュのタオル、確実にあんたのだから!どこまでしらばっくれるわけ?


「ああ、朝見たけどワシのじゃない」


「あんたじゃないの?どこからかもらってきたとか・・・」


「はぁ?あんな使い古しのタオルいつもらってきたんですか?」


「とにかくワシじゃないけ!思い込みとか勘違いとか、そういうことじゃろう!」


そう、その通り!婆の思い込み、勘違い・・・と言うより、しらばっくれてんねやろ!!


使い古しのタオル1枚でホンマにアホみたい!!

爺の件はまた明日。

明日は早朝バイトなので。






この記事へのコメント