【コンビニバイト144・145回目】ほら、自分もミスしますやん。

副店長の話によると、私はかなり経験者さんから避けられているそう。

同じシフトにしないでくれと頼まれているそう。それでシフトを組むのに苦労しているとか。

なので私は最近全く経験者さんとはバッティングせず。

前回も本来ならば経験者さんと入れ替わりのはずがいない。


「あれ?経験者さん帰ったんですか?」


と聞くと、


『やることなくなったから帰っていいですか?』と、1時間半前に帰りました。ダメとも言えず」


と副店長A。

え?店内結構汚かったし、やること他にもいっぱいあるやろうに・・・。まぁ、経験者さんは掃除は自分の仕事とは思ってないし仕方ないけど。

あの日も私と会うのが嫌だったんだろうなぁ。


しかし、私が「もう帰りたいわ」と言っても帰らせてくれないのに、なんで他の人は簡単に帰らせるんや〜!!(笑)



で、今日。

ん?レジ袋を足そうと思ったら1番よく使う大きさのレジ袋がない!ストックにもない。


「ねー、備品の発注は確か経験者さんがやってたよね?」


あれ?コーヒーのミルクがもうない!

え?手を拭く茶色いぺーバーもない!

「この発注ももしかして経験者さんがやってたの?あの人、なんぼほど発注持ってんの?持ち過ぎでしょ?落としまくってるやん!」


と副店長に聞くと、


「そうですね〜。こういうミスがチラホラでてきますね。わかってたけど僕はまず、手を出さないことにしてるんですよ。こういうことが起きたら言えますけど、そうじゃなかったら経験者さんにものが言えないから」


ああ、経験者さんに気を使ってるやつね。


「経験者さんが休みの日に僕がパンの発注をしたらえらい文句言われて。自分が思ってたのと違うって。僕が発注かけたパンは止めようと思ってたとかで。でもそうだったら×入れとくかしてくれたらいいけど、何もしてないから僕は悪くないし」


で、その時の副店長の言葉に経験者さんは激怒して怒って帰ったとか。職場放棄事件ね。(子どもか!)


副店長のLINEもブロックして削除してしまい、後日改めてLINEを聞いたとか。(やっぱり子どもか!!)


で、今日はあれこれ足りないのは経験者さんの発注ミス。

ほら〜!自分もミスしますやん!!

でも私は別に引き継ぎノートにそんなこと書きませんよ?


大体、私と会うのを避けてることもおかしい話。自分は深夜の人に早朝大文句を言うのに、私が


「顔突き合わせて冷静に話しましょう」


とLINEで言っても、逃げる。そもそも人にはきつい言葉でミスを指摘し、自分がいかに大変な仕事しているかのように訴えるけど、私がその書き方についてお願いを書くと心折れるって。

もう矛盾しかない。

更にミスした若いアルバイトの子に引き継ぎノートの経験者さんによるどぎつい文章を指しながら


「私、個人攻撃してませんからね!」


と訴えたそう。その場にいた人たちはい全員


「個人攻撃やん。ていうか、自分で否定してる時点でもう個人攻撃認めちゃってるし」


と。


働くなら堂々とすればいいのに。私から逃げるって。


そんなこんなで備品の発注はこのミスで晴れて副店長が取り上げると言っていた。


そして引き継ぎノートは経験者さんによる、時には写真付きでミスを訴え、時には自分の発注業務の大変さを蛍光ペンでなぞるという、ほぼほぼ1ページ使っての主張はなくなったのでした。







【コンビニバイト番外編】え?私を追い出そうとしてる?


1136191.jpg
バイト仲間からの密告入った〜!!

どうやら経験者さん、私を追い出そうとしてるとか?

店長に愚痴愚痴言った揚げ句、


「私を取るか、おばちゃんを取るかどっちですか?」


と分けのわからないことを言い出したとか。

なんじゃそりゃ〜!!!



経験者さんは自分に自信がある。

発注業務をいくつも持っている(発注が好きらしく言われた他にもやり出した)

一方私は発注はしたくないと言っていたのでやってない(笑)。でももうやらないといけないと覚悟を決めた。


ディスプレイを一手に引き受けてる。POPも書く。

一方私はディスプレイはしていない。経験者さんに遠慮して手を出さなかった。でもPOPはバンバン書き出した(笑)。


何を勘違いしているのか、あれこれ口を出して仕切ろうとしている。

一方私は仕切るなんてとんでもない、和を大事にしたいと思っている。


以上の理由から自分はこの店に必要だと思っているらしい。

で、店長も引きとめくれると、自分を選んでくれるとなぜか思っていたらしい。


でも。


「そんなややこしいこと言うなら辞めてくれていいですよ。おばちゃんは必要ですから。何と言っても売り上げに貢献してくれてますからね」


そう。ごめん、経験者さん。私はちょいちょい売り上げに貢献しているのですよ。

クリスマスケーキも20個近くの予約を取ってきたし、恵方巻きの時もケーキほどじゃないけど予約取ったし、夏ギフトは初日に3万円ほど入れたし、その後もチラホラ夏ギフト送って店長に


「おばちゃん、夏ギフトめっちゃ入れてくれますね」


と言われたし、この度もあるイベントでパンを50個とパックジュース30個買うことになっている。店長喜んでたし。

フライヤーのセールの初日も冷凍のまま2〜3袋買ったりと売り上げに協力してるしね。

フライヤーは家で揚げた方が断然美味しいから(笑)。それにコンビニはどうやら「初日」の売り上げにこだわるらしく、店長が必死になっているからついつい母心(なんじゃそりゃだけど)で買ってしまうのよね。


バイト仲間はこの会話を品出しの準備をしながら聞いたらしい。


「辞めていいですよって言われた経験者さんの声が上ずっててもう笑いそうになったわ!でもあの(優しい)店長がバッサリ言うんだからもうよっぽど面倒臭かったんやろうね」


と教えてくれた。



経験者さん、私がノートに書いたことと、LINEした内容がよっぽど気に入らなかったんだろうなぁ。で、私をやめさせようと店長に詰め寄ったのかと。

で、経験者さん、今度こそ!本当に今度こそ辞めるかと思ったら


「わかりました。もう言いませんよ」


とプイっ!と店内に戻ったそう。

バイト仲間驚愕。


「ねぇ、信じられる?どっちか取れって詰め寄って自分が選ばれなかったら普通辞めない?もう、ホンマに恐ろしいわ。その後ふてくされたような顔して仕事してたのよ!もう本当に辞めて〜!!」


と悲鳴をあげてた。

店長の上司が


「俺だったら(経験者さんは)即辞めてもらう」


と言ってたから、次新しい店長が来たらバッサリ切ってくれたらいいのに・・・と思ってしまった私でした。





【コンビニバイト143回目】そんなに偉そうにしたいの?

少しおとなしくなったように見える経験者さん。

前回のバイトで私とシフト交代するはずだったけど、行ってみたら陰も姿も見えず。


「あれ?今日、経験者さん1時まででしたよね?」


と聞くと、副店長Aが


「経験者さんが『やることなくなったので帰っていいですか?』って言うからもう面倒くさくて『どうぞ』って言ったんですよ」


え?時は大雨直後。店内は結構汚れているし、商品が入らないので掃除するなら今がチャンス!のこの時に?


「やることなくなったって、やることなんぼでもあるやん」


「もう面倒臭いと思っていいませんでした」


とキッパリ。いや、なんやそれ!私なんか「帰りたい」と言っても帰らせてもらったことないし!!(笑)



でも、その後か前かよくわからないけど、経験者さんは店長に噛みついたらしい。もう店長疲弊。


私が行くことになっていた2回目のレジ研修。

これが経験者さんが気に入らなかったそう。

私も深く考えずに言われるままにレジ研修の2回目に行くと返事したけど、レジ研修には「初級コース」と「シフトリーダーコース」があるらしい。

私はどうやら「シフトリーダー」になっちゃうところだったのよ〜(笑)。


でもこの大雨災害のため、コンビニ本部は災害対策か応援かに追われて延期になった。

経験者さんは店長に食ってかかったそう。


「なんでおばちゃんがシフトリーダーコースに行くんですか?私じゃないの?なんで?」


怖い怖い。経験者さんは晴れてシフトリーダーになって、また前みたいにガンガン指示したいの?

深夜の人も経験者さんと引き継ぎするのを恐れて来る前に帰ってしまう人もいるほど。


店長は


「シフトリーダーになるにはやっぱりそれなりの人望がないとね。経験者さんは今はマズいでしょ?この店に来てまだ3ヶ月だし。おばちゃんは結構みんなと上手くやってるんですよ」


「なに?私に媚を売れって言うの?仕事は私の方がはるかに重要なことしてるし!そうでしょ?」


とみたいなことを言ったそうです。ちなみに私は媚は売ってません。自分が気持ちよく働くには周りの人たちが気持ちよく働けるように気を使ってるだけです。

自分も失敗するくせに人のミスをガンガン言う人とは違います。


店長はちょっとムッとして


「経験者さん、発注する時間長いし、掃除はしないし、品出しもしたがらないでしょ?不機嫌に仕事することよくあるし。何も発注や売り場作りだけが重要な仕事じゃないですよ」


そこでどういう言葉だったのか、定かではないけれど、また辞めるとチラつかせてきたそう。

店長は


「先日も言いましたけど、もう次はないので、今辞めるということを言うならキッパリ辞めてもらいます。もうやっぱり辞めないということは通用しませんからね」


と宣言すると、トーンダウンしたそう。

早朝入るしPOPも書くし、ディスプレイもするので店長は今まで重宝していたけど、愚痴言う長さにもう精神的に参っているそう。先日も何が何だかもう聞く気にもならないので詳しく聞かなかったけど、1時間半電話で愚痴られたそう。

私が引き継ぎノートに書いた時も長々と仕事外のプライベートな時間をとられたし、もう勘弁して欲しいと。


そして最近私がPOPをマジで書き出したので、店長は私に頼むようになってきた(笑)。


「え?字上手!なに、その書き方!ドンキみたいやん!」


と褒めてくれた。実はYouTubeでPOPの書き方を勉強して(笑)。

本も買っちゃったりして。まだまだへたくそだけど、経験者さんよりは字も自信あり(笑)。

本気出したら私も書けるのよ!みたいな。保母さんしてたし、結構得意なんですよ〜みたいな(笑)。

経験者さんが機嫌よくやってたから、手を出さなかったけど、もうこれからはバンバン私もいくよ!みたいな(笑)。


バイトだから・・・と軽く見てたけど、私もちょっとがんばって勉強しようかと思う。

それはやっぱりちゃんとバイト代が入ってくるからがんばろうという気にもなるのよね。